<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
counter
<< Little Miss Jazz And Jive | main | メガテリヤキとフルーリー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
トマト
私は基本的に生野菜が好きではない。
なのでサラダなども濃い味付けがしてあればあるほど食べられる度が上がっていく。
しかし、野菜が嫌いなのかと言えばそういうこともなく、火が通っていれば美味しくいただけるパターンが多い。
その代表格がトマト。
生のトマトはどうにもこうにも青臭い。
この青臭さがトマトの醍醐味らしいのだけど、私はその醍醐味が楽しめない。
なんだかなぁ〜と普通に思う。
でもサンドイッチなんかに挟んであれば普通に美味しいと思う。薄切りされていることと、何でも美味しく感じさせるマヨネーズの働きのおかげだと思う。
それから友人に「それを好物にあげるのやめておきなさい。」と注意されたことがあるのだけど、私の中での5本の指に入るであろう好物、ゆで卵とセットされているのも大きなポイントにつながっているに違いない。

しかしサラダにごろっと入ったりしているトマトは好きじゃないし、丸ごと食べるなんてもってのほか。
小さい頃はそうでもなかったのだけど、大人になってきてどうもだめだなぁ〜と思うようになってきた。
しかも私は母が小さい頃からトマトにソースをかけて食べるという荒行を見せつけられていたので、トマトにソースは普通のことだろうと思ってきた。
でも大人になって、トマトに砂糖という話を聞いたときに、塩でしょう〜。それかソース。と発言して、砂糖以上の批判を買った経験があり、元々ソース嫌いの私なのでその食べ方はしてこなかったけども、普通に好きだったらトマトにソースを普通のこととして実践していたに違いない(=_=)

ま、そんなこんなで話はそれたのだけど、生のトマトが嫌いな私なのに、我が家にはトマトが箱でやってくる季節になってきた。
これは私以外の家族が全員でトマトを好きで、丸ごと食べているから。父が市場にでかけてまでして買ってくるから。

するとみんなが食べているものが食べられないのはどうにもこうにも損をしたような気持ちになる。私だけおかずが一品少ないのも納得がいかない。

そこでトマトとアボガドのチーズ焼きを作ることにした。
レシピは愛用させてもらっているcookpadより
レシピ アボカド・トマト・たまごのチーズ焼き by バナナざくろ

火が通ればトマトは美味しい。トマトソースだって大好き♪

できあがったこれはマヨネーズ味だったりして、更においしさアップ。
お気に入りの1品として家族にも食べるように勧めてみたのだけど、両親はトマトに火が通ったモノは慣れないらしく・・・。
新鮮なトマトなので生で食べたい的な発言をされた。
別に古いトマトだから火を通したわけでもないのに理不尽な回答。
ま、お年寄りには無理なのね。

別にいいけどねー。私はすきだから〜♪
かなり気に入ったので、次もまた作って食べようと思う。でもこそっと家に一人でいるときになっちゃうかなっていう気もしないでもないけど・・(結局遠慮がち)
* 22:55 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 22:55 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://prometheus.jugem.cc/trackback/243
 トラックバック